ローソファーのメリットを活かしたい!

ローソファーならではのメリット

いくつかあるローソファーのメリットの中でも特に大きなポイントとなるのが見た目の印象です。ローソファーは文字通り一般的なソファーに比べて低い構造となっているため、壁際に配置をした時により通常よりも壁が見える面積が増えるため、部屋を広く見せることができます。
幅広い用途で活躍できるという点もメリットの一つです。冬のシーズンの代表的な暖房器具のコタツを使用する場合に、通常のソファーでは座面の位置が高いことで天板に足が当たってしまいます。しかし、ローソファーであれば体の大きな成人男性でも余裕を持って足を入れることができるのが特徴です。
そのほか、足を投げ出してリラックスした状態で座れるのも、座面が低いソファーならではの魅力と言えます。

使う上での注意点とデメリット

数多くのメリットがあるローソファーですが、使用する上で不便に感じる点もあります。
その一つが立ち上がりで足に掛かる負担の大きさで、通常のソファーは座面が高い位置にあることで自然と腰の位置も高くなり、スムーズに起居することが可能です。それに対してローソファーは床に近い位置に座面があるので、起居する度に膝や腰に負担が掛かってしまいます。腰痛や膝の痛みを抱えている場合は気を付けなくてはいけません。
後ろに重心を掛けた時の違和感もこのソファーならではの悩みの一つです。販売されている全ての商品が該当するわけではありませんが、ローソファーは背もたれ部分が低い形状の物が多いと言われています。椅子としてのバランスを考える上で仕方が無いとはいえ、背もたれが低いと体の大きな人は頭や肩を支えられずに落ち着かなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

畳にローソファーを置いて使用してみると、予想以上にリラックス感が味わえます。和の基本を崩さず見た目もお洒落な部屋になります。