デメリットも把握して賢い選択を!

まずは長所を知ろう!ローソファーのメリットとは

お洒落で座り心地も快適なローソファーは、インテリアにこだわりたい方や、ゆったりとくつろげるソファーを探している方にもぴったりな家具です。座面が低いため狭い部屋に置いても窮屈さを感じにくいところや、和室で使っても違和感がないデザイン性、床からそれほど離れていない場所に座れるため、子どもや背の低い人でも使いやすいなど、ローソファーならではのメリットも多数存在します。また、背が低いという特徴を活かすことで部屋を広く見せることができたり、絵画や観葉植物などもソファーの周辺に飾り付けやすいという良さもあります。高さがないので部屋のなかを移動する時も体がソファーにぶつかりにくくなっており、高齢の方用のソファーにしても安全に使いやすいです。このように様々なメリットをもつローソファーですが、実は注意すべきデメリットもあります。

注意すべきはココ!ローソファーのデメリットって?

ローソファーには、テレビなどほかの家具と合わせて使う時に高さの調節が必要になる時もあったり、脚が設置されていない製品の場合は掃除が大変、などのデメリットがあります。低めの位置に座ることになるローソファーは、テレビの高さも使いやすい位置に設置する必要があります。ソファーの高さによってはテレビを置く台を購入しなければならなかったり、前もって用意していた台の高さが合わなかった、ということもありえます。まずソファーに座ってみて、どの位置にテレビやテーブルを置けばいいのか確かめてみると失敗しにくいです。 また、製品によっては下に脚がついておらず、掃除するためにソファーを移動しなければならなかったり、床に接する部分にほこりなどが付着してしまい、手入れが大変な場合もあります。こまめに掃除をすることで衛生さを保つことができるため、定期的に製品の状態をチェックするのがおすすめです。

和室でソファーとは畳敷きの和室にソファーを設置する事です。伝統的な畳スタイルと足を伸ばし椅子に座るという近代以降のスタイルをミックスさせた様式です。