低めならではのデメリットを再確認!

立ち上がる時に負担となる

ローソファーとは、文字通り、一般的なソファーよりも座面の低いソファーのことです。床からの距離が近いことから、小さい子供が座っても落ちる心配がありません。したがって、安心して座らせることができるというわけです。また、足を思いっきり伸ばすことができてリラックスできることも魅力といえるでしょう。ただローソファーには良い面もあれば、低めならではのデメリットもあります。例えば、立ち上がる時は、普通のソファーよりもしんどいことです。ローソファーは座面が低いので、立ち上がる際に腰や足などに負担がかかってしまいます。したがって、高齢で膝や腰が弱っている場合、ローソファーを購入する際は吟味した方が良いでしょう。

テーブルを合わせにくい

ローソファーは、座面が低いことからテーブルと合わせにくいというデメリットもあります。家具店などで販売されているリビングテーブルは、一般的なソファーの高さに合わせて製造されています。つまり、ローソファーと合わせると、テーブルはやや高すぎてしまうというわけです。ただ全てのリビングテーブルが、ローソファーに合わないというわけではありません。近年ではローソファーの需要が高まっているので、専用のリビングテーブルも販売されるようになっています。しかし、その数はまだ少ないので、普通のソファーよりもテーブルが探しにくいといえます。どうしても見つからない場合は、サイドテーブルにすることも考えた方が良いでしょう。

座面が低く、ゆったりと座れるフロアソファーは日本人の住環境にピッタリなアイテムです。従来のソファーのような圧迫感がなく、部屋を広く使うことが可能です。リラックスした空間をお楽しみください。